映画「犬神家の一族」

(06.12/17)

昨日から映画「犬神家の一族」が始まった。この映画は他にはない大きな特長がある。1976年に市川崑監督・石坂浩二主演による同作品が映画化されているが、今回30年振りにまた同じく市川崑監督・石坂浩二主演で作られた映画であることだ。

こういうのは珍しい。

1976年版と2006年版をじっくり比較するのもおもしろいかもしれない。映画は昭和29年に片岡千恵蔵主演で作られているので3本あることになる。テレビドラマは5作品制作されている。

横溝作品のなかでは、『八つ墓村』に次いで映像化回数が2番目に多い作品である。


ランキングに参加しています。
↓よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ


SponsoredLink
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。