「あるある大事典」納豆ダイエットで捏造があったって

(07.1/20)

記事を見てびっくり。納豆のダイエット効果を紹介した7日放送分
に捏造(ねつぞう)があったと制作した関西テレビが今日20日発表したそうだ。
「DHEA」と呼ばれるホルモンにダイエット効果があり、その原料となるイソフラボンを含む食品として納豆を紹介。20〜60代の被験者8人に朝晩2回、納豆を食べ続けさせた結果、2週間後に最高で3.4キロ減など全員の体重が減ったと放送した。

しかし、DHEAの量を調べるために被験者から血液を採取したものの、検査はしていなかったとなどいくつかの捏造があったのである。番組は「日本テレワーク」がさらに別のプロダクションに再発注して制作された。
フジテレビ系列の各局は、明日午後9時から放送予定だった「発掘!あるある大事典2」の放送を取りやめることを決めた。

番組を作る時にやらせをあるのはよく聞くことだが、今回納豆が全国で売れきれるという社会現象にもなったのに、納豆のダイエット効果に捏造(ねつぞう)があったことは、やはり大問題だろう。

不二家といい、「あるある大事典」といい、いったいどうしたのだろうか?

ランキングに参加しています。
↓よろしくお願いいたします。
人気blogランキング

ブログ村 その他日記ブログ
SponsoredLink
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。